前へ
次へ

ランニングコストがかからない美容グッズ

美容グッズの中でも全身に使えるのがマッサージグッズです。
手のひらのフォルムをしていたり、スティック状、二股のフォルムなどの美容グッズはクセになる気持ちよさが好評価を得ています。
突起物がツボを刺激、この突起物は「ゲルマニウムボール」で、言わずと知れた免疫力を高める効果が謳われています。
凝り固まった部分や、気になるお肉(贅肉)を揉んで、すっきりさせます。
美容グッズも説明書に記載される使い方を守ることで効果を発揮します。
セルフマッサージであれ、効果が半減しないように注意しましょう。
例えば、脚は太股のハリやむくみが気になるもの、足先から太股の付け根に向かい、下から上へとマッサージしましょう。
最後は、リンパ節へとしっかり押し流します。
腕も同様、リンパ節が脇にあるので、手先から脇に向かってというのが基本です。
そして美容グッズはランニングコストがかからないのがベスト、というのも美容習慣にできる頑張り屋さんばかりではありません。
次々に新しいグッズが誕生していて、気になるグッズを手にすれば、いつの間にか歴代のモノがタンスの肥やしになっているパターンもあり得るでしょう。
もちろん、赤みやかゆみ、そうしたトラブルも考慮してランニングコストがかからないグッズを選びましょう。

Page Top